気仙沼は古くから日本有数の漁港都市として知られた三陸沿岸の交通・商業の拠点であり、

その豊かな地元食材と経済基盤がこの土地ならではの文化を、長い年月をかけ育んできました。

 震災から7年以上が経った今、気仙沼の玄関口ともいえる内湾地区を始めとした沿岸部は生まれ変わります。

気仙沼固有の文化・風土を継承したここにしかない街づくりを目的とした、新たな商業施設を計画します。

少しずつ復興の歩みを進める今日の気仙沼には、地域の素晴らしさを感じて豊かな時間を過ごせる場が必要であると考えます。

 100年先の気仙沼がこれまで以上に魅力的であり続ける為に人々を惹き付けてやまない気仙沼の食の魅力と地域の文化を体感し、

人とふれあいを楽しみ、多くの地元住民と来街者で賑わう、気仙沼地域開発株式会社は、街の新たな誇りとなり気仙沼観光の

拠点となる施設づくりを目指しています。

© 2016 Kesennuma community development inc.